最近の記事
2016年02月12日

狙った場所にボールが打てる、スイングを安定させる

スイングを安定させる6つの条件
ゴルフは飛距離を求めるよりも、
方向性を安定させた方が、スコアが良くなるのです

どうすれば「狙った場所にボールを打つ
ゴルファーになれるのか?

それこそが、この「シングルゴルファーの方向性安定プログラム
で語られるメインのテーマです。
これは、
「難しいスイング理論」を学ぶものでは、ありません。
習得に「時間がかかる」プログラムでも、ありません。
大変な「努力」が必要になるものでも、ありません。

スイングを安定させるには、ちょっとしたコツを知るだけで良いのです。


シングルゴルファーの方向性安定プログラム

「スイングを安定させるコツ」について

「飛距離を重視したスイング」と
「方向性を重視したスイング」を使い分ける秘密

これを知ることで、あなたは「飛距離と方向性のどちらを優先するか」
を自由に選択できるようになります。

ドラコンホールでは飛距離を伸ばし、
左右が狭いホールでは方向性を安定させることが出来ます。

自然に無駄の動きが解消されてしまう「正しい体重配分」とは?
方向性を安定させるために、バックスイングの始動
必ず守らなければいけない「2つの鉄則」とは?

左足軸でインパクトし方向性を向上する秘密
インパクト時に左足にしっかり体重を乗せるための、
左股関節を軸にした腰の回転とは?


シングルゴルファーの方向性安定プログラム」で、
あなたが得るもの

このプログラムに参加することで、あなたが得るものは沢山あります。
その中の一部をご紹介します。

狙った場所にボールが打てる、スイングを安定させる6つの条件とは?
スイングを直さずに、今すぐ方向性を安定させる「2つシンプルなテクニック」
注意!方向性を安定させたいゴルファーが絶対にしてはいけないこととは?


posted by パークゴルフ at 13:01 | 北海道 ☔ | スイングを安定させるコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする