最近の記事
2016年02月14日

方向性を安定させるスイングを研究

以前の私はゴルフがとても下手でした。
「君、才能がないからゴルフをやめた方がいいよ」
とまで言われたこともあります。

ゴルフを始めたころは、
スコアを伸ばすためには、飛距離をアップさせなければいけない」と思い込んでいました。

ですが、飛距離はスコアに直結しないということに気付き
方向性を安定させるスイングを研究したのです。

その成果として、ゴルフを始めた当初はスコア160でしたが、
球筋の方向性が安定し、ベストスコア63、日本代表にも選抜してもらえました。

飛距離を求めるよりも、方向性を安定させた方が、スコアが良くなるのです。


シングルゴルファーの方向性安定プログラム」で、
あなたが得るもの

このプログラムに参加することで、
あなたが得るものは沢山あります。
その中の一部をご紹介します。

狙った場所にボールが打てる、スイングを安定させる6つの条件とは?
スイングを直さずに、今すぐ方向性を安定させる「2つシンプルなテクニック」
注意!方向性を安定させたいゴルファーが絶対にしてはいけないこととは?


「飛距離を重視したスイング」と
「方向性を重視したスイング」を使い分ける秘密

これを知ることで、
あなたは「飛距離と方向性のどちらを優先するか」を自由に選択できるようになります。
ドラコンホールでは飛距離を伸ばし、左右が狭いホールでは方向性を安定させることが出来ます。

自然に無駄の動きが解消されてしまう「正しい体重配分」とは?
方向性を安定させるために、バックスイングの始動で
必ず守らなければいけない「2つの鉄則」とは?
左足軸でインパクトし方向性を向上する秘密


インパクト時に左足にしっかり体重を乗せるための、左股関節を軸にした腰の回転とは?

シングルゴルファーの方向性安定プログラム
スイングの重要性を再認識
ゴルフスイングでシングルゴルファーに
posted by パークゴルフ at 19:45 | 北海道 ☔ | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする